「行事報告」

「福祉部活動報告」

 ・「切手・外国コイン」収集実績

    2月 切手:213枚

    3月 切手:52枚

    4月・5月 :0枚

 

 ・「はがき(63円)」50枚を1月にコミュニティクラブ豊中に頂きました。

 お願い

  ・各施設のボランティアに協力頂ける方は、坂本副会長・伊藤福祉部

   部長まで連絡ください。お待ちしています。

「創立30周年記念式典」

 

創立30周年記念式典

 

(北-02)北方 禧亘

 

 

 

2月8日寒い日でしたが創立30周年記念式典を開催しました。永年会員表彰者14名中12名参加して頂き、出席者も63名で盛大に実施しました。

 

 記念式典は、吉田利子さんの司会のもと、猪谷会長の挨拶にはじまり、ご臨席頂いた豊中市福祉部大東幹彦部長に祝辞と豊中市長の祝辞を代読して頂きました。続いて豊中福祉協議会の永井敏輝会長に祝辞を頂きました。

 

 

 

永年会員の皆様、全員20年以上の会員ですが、お元気なのに驚きました。

 

記念式典終了後の表彰者の集合写真には、ご来賓の大東部長、永井会長をはじめ来賓者全員に入って頂きました。

 

 

 

 

 

太田仁奈良大学教授の講演は、最初は高齢者の「恋」の話で、続いて、健康で楽しく生きるには、1番は「おしゃれ」2番は「おでかけ」3番は「おしゃべり」で、これを心がける様になど、色々な話をして頂きました。

 

 

 

「創立30周年記念懇親会(新年会)」

 

最長老の柿迫昭美さんに乾杯の音頭で、懇親会が始まりました。表彰者全員に良く通る大きな声で話をして頂きました。これからも活躍して頂きたいと思います。

 

 

 

相愛大学音楽学部非常勤講師の滝沢誠友先生のクラリネットと奥様のピアノ演奏は、先生の巧みな演奏に聞きほれました。

 

 

 

 

 

これぞフラダンスという先生のダンスが最初にあり、非常にかわいい小学生低学年のダンス、少しうまくなった高学年、初々しい高校生のダンスもありました。ビンゴゲームは盛り上がりました。景品が全員にいきわたって良かったです。                  

 

最後は恒例の歌体操。千里歌体操クラブに締めて貰いまし。

 

記念式典の役員の皆様のお陰で、順調に事が進み無事終了しました。役員の皆様、ありがとうございました。

 

「創立30周年記念式典」を終えて

 

                30周年記念式典実行委員  坂本茂男

 

 

コミュニテイクラブ豊中の30周年記念式典が2月8日(土)に、来賓を含め70名が出席し行われました。 

 

午前10時、猪谷会長の挨拶で始まり、来賓の豊中市福祉部部長大東幹彦様、豊中市社会福祉協議会会長永井敏輝様のご祝辞に続き、永年(20年)継続会員14名への感謝状贈呈をもって、第一部の記念式典は10時25分に終了致しました。記念撮影、休憩をはさみ第二部の講演会に移りました。

 

講師は奈良大学太田 仁教授。「元気と感動をあきらめない」~人生100年時代の心理学~というタイトルで、自分の年齢を超えて楽しく生きる工夫が必要で、たった三つの「お」=「おしゃれ」「おでかけ」「おしゃべり」のこころがけで、命輝く日(健康寿命)が増えるという内容でした。

 

ユーモアたっぷりで何度となく笑いを誘われ楽しみながら、これからの生き方のヒントを得られた1時間でした。 予定通り12時前に記念式典は終了しました。

 

 

今回の記念式典準備段階での最大の不安材料の一つは、会員の皆様がどれくらい参加してくれるだろうか(特に、表彰対象者の方)ということでしたが、それは見事に払拭されました。表彰対象者14名の内12名の方が出席されました。式典当日のキャンセルもなく、記念式典を大いに盛り上げて下さったご出席の皆様の体力・気力の充実や健康管理の素晴らしさに改めて敬意を表したいと思います。

 

 

30周年記念式典を通じて、コミュニテイクラブの歴史の重みや底力、人生100年時代の到来、楽しく生きる工夫が必要なこと等々多々学ぶことが出来、実りある記念式典ではなかったかと思います。

 

 

「30年」は色々な意味で一区切りの期間といわれています。 元号が令和に、会名がコミュニテイクラブ豊中に改まった区切りでもあります。先輩諸兄姉が築いてくれたコミュニテイクラブ豊中を、より楽しく、より充実した団体へと飛躍させるための次の30年へのスタートを切りました。三つの「お」を励行し、皆様元気で頑張りましょう!!!

 

 

 

 

来賓:豊中市福祉部部長大東幹彦様、

 

豊中市社会福祉協議会会長永井敏輝様

 

   大阪府北部コミュニテイカレッジ会長舩本幸二様

 

   大阪府高齢者大学同窓会連絡協議会理事長梅本泰正様

 

   フエスト会会長福永正二様

 

 

「連協・豊中共催ディスコン競技大会の報告」

 

 

 

高大3 運動・スポーツ 伏田敏子

 

 

 コミュニティクラブ豊中と連協共催による第2回ディスコン競技大会が令和2年2月2日()13001700に柴原体育館で開催されました。連協梅本理事長(吹田)、コミュニティクラブ豊中猪谷会長が挨拶され、準備体操後、大会が始まりました。

 

 

 

 今回はリーグ戦で参加人数54名:16チームが4コートに分かれて5試合行いました。試合結果は各チーム大差なく、楽しく・元気に・和やかな雰囲気のうちに終了することが出来ました。

 

  今回開催にあたりお世話頂いた、コミュニティクラブ豊中副会長:坂口彰様及び豊中ディスコン協会会長:梶田博美様、ほかサークルの皆様及び関係者の皆様、有難う御座いました。                

 

 

 

成績は下記のとおりです。(敬称略)

 

 

 

  優勝  D組 片岡美枝子、池上ミヨ子、伏田敏子

 

  準優勝 L組 中西弘子、木下洸一、半保憲子

 

  三位  G組 太田智恵子、奥田静代、木村幸子

 

  四位  A組 宮下亮子、廣岡公江、内匠光子

 

  五位  H組 山形節子、瀬戸和子、吉福十三子、

 

山上田起子

 

  七位  K組 藤川安高、松村和代、畑中明子、大薗英明

 

  BB賞  N組 梅本泰正、中島功雄、松本靖代、森川加也

 

 

 

但し、優勝、準優勝は勝ち点15、得点差1(39,38)D組に決まりました。

 

 なお、ディスコンは赤と青の2チームに分かれて、1チーム6枚の円盤を投げ、

 

どちらがポイントに近ずいているかを競う簡単なスポーツです。初めての方も対等に競技を楽しむことが出来ます。また年齢、性別を問わず、ハンディー無しで、軽スポーツによる健康づくりとなります。         

「ボランティアフェスティバルに参加して」

 

                              福祉部

 

第27回豊中ボランテイアフェスティバル~阪神・淡路大震災25年…未来へのバトン~が2月15日(土)10:00~16:00 豊中市立文化芸術センターで行われました。

 

 

 

 コミュニテイクラブ豊中は昨年同様、実行委員会のメンバーの一員として、受付(午後の部)を担当しました。体験コーナーでは例年通り折り紙の実演・指導を行いました。今年は天気に恵まれたことや土曜日開催等もあり、体験コーナーへの来場者も例年より多く、折り紙コーナーでも50人を超える皆さん体験して頂き、盛況でした。

 

 

 

小ホールではゆりの会のお二人の新舞踊で、ステージに花を添えていただきました。今回は阪神・淡路大震災から25年ということで、小ホールのオープニングでボランテイア有志合唱団約20名による「しあわせ運べるように」の合唱がありました。

 

 

 

 

 

コミュニテイクラブ豊中からも数多くの会員が練習段階からこのにわか合唱団に参加されました。そのほか当クラブ所属会員で他のボランテイア団体・クラブのために、     ステージや展示、体験コーナーで活躍された方もいるという具合で、数多くの会員の方にこのフェステイバルに参加していただきました。

 

 

 

 

 

改めて皆様に厚く御礼申し上げます。

 

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

来年はさらに多くの会員の皆様がこのフェステイバルに参加され、楽しみ、

 

盛り上げていただけるよう、積極的にPRして行きたいと思います。

 

                                

 

「グリコピア神戸」工場見学

 

高大3期 月 IT・パ 羽立 成美

 

 

当日の参加者19名で行きました。集合時間は15分ほど早くしましたが全員揃うまで待った為、結局当初より7分遅れの出発となりました。

 

駅からタクシーの相乗りで何とか時間前に到着する事は出来ました。早速会社案内の映像があり見学ルートの概要説明を受け2組に分かれての見学となりました。

 

 

 

 1919年、江崎グリコの創業者 江崎利一がカキの煮汁に含まれるグリコーゲンに出会う事でヒント得て100年、3年後に起業「グリコ」と命名されたようです。

 

 

 

生誕地は佐賀蓮池町で私の実家とそう遠くはないので子供の頃から記憶にありました。

 

大阪戎橋の一粒三百米突のイルミネーションは超有名ですが、一粒300メートル走れる位パワーが出る意味もあり今でも充分使えますよねー

 

グリコ関連会社は国内21社 アジア8社 北米・カナダ 4社 その他 2社です。

 

 

 

「おいしさと健康」の追求で受け継がれる創業の精神は今、世界に広がって生産されているようです。

 

 

 

 

 

見学ルートはグリコポッキ―製造ライン。見学者は仕切られた清潔な所から工場見学が出来ます。意外と少人数で作業されていました。対材歩留りは97%程度になるそうです。

 

 

 

工場内はゴミ等の侵入を防ぐ対策が必ずあると思いました。私も鉄鋼関係で定年退職前の5年間はハイテクライン製造でした。建屋では入室時エアーシャワーで作業服の埃を落とし少し加圧された所で作業した経験があります。

 

 

 

ラインの最終工程はやはり機器検査と目視確認検査の併用でした。食品の袋詰め前1本、1本まで確認作業をされて安全、安心が守られ届けられている事が解りました。

 

 

 

 

 

最後はお土産の買い物です。お菓子の体験学習は省きましたので1時間あまりの見学となり駅前で解散となりました。

 

                      

 

 

令和2年”新春三社初詣”バスツアー

 

 

 

(北―16) 大薗英明

 

                         

 

おだやかな新しい年をお迎えのことと存じます。快晴でおだやかな令和216日(月)に、令和初めての新春三社初詣バスツアーに行ってきました。

 

参加者71名は、豊中市中央公民館前(2号車・47名)と千里阪急百貨店裏通り1号車・24名)から出発のバス2台に分乗し、淡路ハイウェイで合流しました。

 

 

 

今年の恵方(西南西)に当たる徳島県鳴門市・兵庫県淡路市方面の大麻比古(おおあさひこ)神社(じんじゃ)伊弉諾(いざなぎ)神宮(じんぐう)(まつ)()神社(じんじゃ)今年一年の福と厄徐、健康等を祈願された事と思います。

 

 

 

最初のお参りは、徳島県鳴門市にある大麻比古(おおあさひこ)神社(じんじゃ)へ行きました。境内には、とても大きな楠の御神木がありました。幹の周りが8メートル、高さは22メートルもあり、大きさに圧倒されました。樹齢はなんと1000年以上といわれているそうです。

 

 昼食は、サンシャインホテルで、坂口副会長の新年ご挨拶・乾杯後、約1時間余、親睦を深めながら、時間を過ごしました。

 

 

 

昼食後、兵庫県淡路市にある伊弉諾(いざなぎ)神宮(じんぐう)をお参りしました。

 

伊弉諾(いざなぎ)神宮(じんぐう)の境内は、二株のクスノキの根幹が合体して一株になった「夫婦大楠(めおとのおおくす)」がありました。この夫婦大楠の樹齢は約900年で、幹回りは8.5メートルもあり兵庫県指定の天然記念物です。

 

 

 

 三社目は、兵庫県淡路市にある(まつ)()神社(じんじゃ)をお参りしました。(まつ)()神社(じんじゃ)は、周囲の地域を鎮護する神様として「八幡宮(八幡さん)」と呼ばれているそうです。

 

 

 

帰路、「淡路ハイウェイオアシス」に立ち寄りお土産等の買い物をし、午後6時半頃豊中に無事到着しました。

 

 「新春三社初詣バスツアー」で、初旅の一日を楽しく過ごすことができました。本計画を企画し、世話してくださった厚生親睦部役員の方々に御礼申しあげます。

 

ありがとうございました。

 

 

CCT第9回ディスコン競技大会報告

 

(北―16)大薗 英明

 

 

 

壁に掛けたカレンダーも最後の一枚となり、何か心急ぐ気分の、125日(木)柴原体育館で、第9回コミュニティクラブ豊中ディスコン競技大会が開催されました。

 

坂口副会長の挨拶、半保憲子さんの指導による準備体操後、競技大会が始まりました。

 

 

 

参加者は30名(女性:25名、男性:5名)で8チームに分かれ2コートで4チームづつのリーグ戦を行いました。優勝決定戦はトーナメントで各コートリーグ戦の1位、2位で行いました。

 

お世話頂いた、ディスコンサークル代表梶田様他サークルの皆さん及び厚生親睦部の関係者の皆さんありがとうございました。お礼申しあげます。

 

成績は、下記のとおりです。(敬称略)              

 

  

 

  優勝  D組 伏田敏子、井上照子、柳瀬信子、大薗英明

 

  準優勝 E組 梶田博美、内匠光子、堅野久子

 

  三位  H組 半保憲子、秋月靖吉、山形節子、吉福十三子

 

  四位  G組 片岡美枝子、島崎志郎、中堀昌子、坂口彰

 

 

 

なお、ディスコンは赤と青の2チームに分かれて、1チーム6枚の円盤を投げ、どちらがポイントに近づいているかを競う簡単なスポーツです、初めての方も対等に競技を楽しむことできます。また、年齢・性別を問わず、ハンディー無しで楽しめます。

 

 

 

[通知]

 

令和222日(日)に連協でコミュティクラブ豊中主催のディスコン大会が柴原体育館で開催されます。今回参加された皆さん、初めての方も是非参加ください。

 

「歌ごえ広場とよなか」に参加して

                                              高大7期シニアの健康と医療  坂本茂男

  第47回「歌ごえ広場とよなか」(7月3日 14;00~ 蛍池公民館)に参加しました。ボランテイア仲間の会員からも勧められていましたが、これまでスケジュールが合わず、今回が初めての参加でした。

 受付で会費を払い、プログラムを受取り入場。参加者は約50名程度。定刻に歌唱指導の小林陽子先生とピアノ伴奏の番野擴先生が入場され、準備運動(発声練習)。その後「夏は来ぬ」から前半12曲、10分の休憩をはさみ後半は「見上げてご覧夜の星を」まで13曲の計25曲(下記参照)を合唱。 最後に番野先生のピアノ独奏(仏映画「男と女」のテーマ)と小林先生の独唱(一本の鉛筆、百万本のバラ)という約2時間のプログラム構成でした。

 25曲も通しで歌うのは初めての経験で、はじめはキツイかとも思いましたがプログラムの進行とともに、童謡・唱歌から歌謡曲、それぞれの曲への思い出やその時々の過去の情景を浮かべながらの正に「よみがえるわが青春時代」に突入、参加者の皆さんの熱気にも後押しされ、ピアノ伴奏と50人のバックコーラスを従えて自分が主役であるような気分にもなり、満足感一杯の時を過ごすことができました。さすがに、終了後は相当なエネルギーを費やしたためか空腹感を覚えながら帰宅しました。 元NHKのど自慢大会の伴奏をされていたという90歳を超えたピアノの番野先生、声量豊かな小林先生はじめ、参加された皆さんが本当にお元気で、大いにパワーを頂戴しました。

 次回は10月2日(水)の予定とのこと。時間が許せば参加したいと思います。

 どんなリクエスト曲を歌えるのか楽しみです。

  この「歌ごえ広場とよなか」は10年以上続いているとのことで前川さん、高木さんはじめスタッフの皆様ほんとうにお疲れ様です。

 

 <参考> 今回の25

 

①夏は来ぬ ②ふじの山 ③アルプスの牧場 ④めだかの学校 ⑤芭蕉布

 

⑥バラが咲いた ⑦少年時代 ⑧黒百合の歌 ⑨雨降りお月 ⑩東京ラプソデイ―

 

⑪宵待ち草 ⑫ラブユー東京 ⑬夏の思い出 ⑭われは海の子 ⑮翼をください

 

⑯世界に一つだけの花 ⑰ふるさとのはなしをしよう ⑱山のロザリア 

 

⑲故郷を離るる歌 ⑳上海帰りのリル 21誰もいない海 22東京の花売り娘   

 

23琵琶湖周航の歌 24遠くへ行きたい 25見上げてご覧夜の星を

 

                                  以 上

 

 

16回コミュニティクラブ豊中ペタンク大会に参加して

 

(北16班)大薗 英明

 

 

 

16回コミュニティクラブ豊中ペタンク大会は、当初令和元年67日(金)に予定されていましたが、天候不順で令和元年621日(金)に順延されました。当日は初夏を思わせるような、さわやかで快晴の、千里東町公園で開催されました。

 

 参加者は、21名(内訳:女性9名、男性12名)で、特別参加者男性3名の紹介があり、みなさん和気あいあいでゲームを楽しみました。

 

 試合は、7組(AG組)のチームに分けてトーナメント(勝ち抜き戦)式で行われ、

 

敗者でも入賞できる敗者復活方式も採用されていました。

 

 

 

 ペタンクは、先攻チームの選手が方向を決めて直径約35cmからピュット(目標球)を投げます。その後ピュット(目標球)を目標に約600gのバルーン鉄球を投げます。

 

 参加されたみなさんは、ピュットという目標球に寄せる投球に苦心されながら、失敗を恐れずいろいろな投球方法にチャレンジされ、親睦をはかりながらゲームを楽しんでおられました。

 

 

 

 なお、秋には、豊能地区世代交流ペタンク大会が開催されます。誰でも手軽にできる戦略性あるスポーツです是非参加ください。

 

 

 

 ペタンク大会世話役の方々には大変お世話になり、ありがとうございました。

 

 

 

大会成績は次のようになりました。

 

 

 

 優 勝  F組 妹尾正孝 大薗英明 山崎一枝

 

 第2位  A組 天野雄次 稲積博正 羽立和子

 

 第3位  G組 羽立成美 妹尾房子 吉田利子

 

 

 

                                    以上

 

 

「第9回文化祭作品展示会」に参加して

 

               

 

                 企画部  織田明子

 

 

 

 第9回文化祭(作品展示部門)が令和元年617日(月)18日(火)豊中市役所第二庁舎ロビーにて開催されました。

 

 

 会員個人、サークルの方達の作品が展示されました。

 

サークルではオリガミクラブ・押し花・アネモネ(水彩画)豊中写真クラブ・バルーン個人では 洋画・布花・色紙‣押し絵、はり絵・陶芸・自然素材のおもちゃ・紙の小物額のオリガミ・デコパージュ です

 

 

 私は今年度より、企画部副部長として初めて文化祭の「実行委員」に望み受付をさせて頂きました。

 

 すばらしい作品の数々、多趣味の方が多いのも知りました。

 

自然素材のおもちゃやバルーンは実際に子供たちが手に取り大変喜んで頂けたのも、うれしい限りです。

 

 

 今迄、サークル活動のみでしたが、多くの方達がこの文化祭をするために一つになりそれぞれの強い協力体制にビックリ致しました。会員だけの文化祭ではなく、一般の市民の皆様にも知って頂くいいきっかけである事、改めて大きなイベントである事を痛感致しました。又、パネルでこのコミュニティクラブ豊中を紹介され、市民の方からも我々の活動について質問を受ける事もありました。

 

 

 私も、皆さんのこのパワーを頂き、作品制作をして見ようと思っています。

いい経験をありがとうございました。

 

 

 作品をご出展頂いた皆様、役員、実行委員の皆様本当にありがとうございました。

 





「山歩会月例会報告」について